金融機関ニュース

専業主婦でも利用できる金融機関を教えてください!

金融機関でカードローンやキャッシングを利用するには、「安定した収入」を持っていないといけないといわれています。
収入こそが返済能力を示すものですし、お金を貸す側の信頼を得られるものだからです。
これがない人は、基本的にはキャッシングを利用することはできないようです。
では、専業主婦はどうでしょうか?
専業主婦は働いておまとめあらず自身で収入を持っているわけではありませんが、夫が「安定した収入」を持っている可能性があります。
そのような人は、金融機関でお金を借りることができるのでしょうか?


<専業主婦はレディースキャッシングか銀行でお金を借りろ!>

結論から言うと、借りることはできます。
レディースキャッシングか銀行かによって借り方は大きく変わってきますが、いずれにしろキャッシングをする方法はあるので安心してください。
レディースキャッシングの場合は、配偶者貸し付けという形になるので夫婦関係を証明する書類や夫の同意書を持っていれば大丈夫です。
銀行の場合は本人貸し付けとなるので本人確認書類が必要になり、また場合によっては夫の収入証明書が必要になる可能性があるのでしっかりと確認・準備をしておきましょう。


<働いていない主婦が借り入れできない金融機関もある>

しかし、消費者金融では専業主婦のキャッシングを受け付けておりません。
というのも、2010年の賃金業法の改定によって総量規制が設けられ、それによって収入のない専業主婦の借り入れが難しくなったからです。
しかし、銀行は総量規制対象外だから大丈夫ですし、レディースキャッシングは専業主婦でもOKという特殊なサービスを展開しているので、困ったときにはこちらを利用すれば大丈夫ですよ。
このようなところを踏まえた上で、健全なキャッシングを行ってください。

金融機関での失敗談

人は誰しも初めて行う事に対して失敗をしますし、それを繰り返してしまう時もありますよね。
金融機関を利用して失敗してしまった方も多くいて、その失敗談をサイトにブログとしてアップしている方もいますので参考に!
例えば、即日融資が便利で利用していたらいつの間にか総量規制を超えてしまって新規借入が出来ないとか、返済を遅延したままにしていたら配偶者や家族に知られてしまった、という失敗が多く見られました。


一番多い金融機関の失敗とは?

一番多い失敗は上記でお話した配偶者や家族に知られてしまったというもので、こちらが一番失敗談として多くなっています。
特に主婦の方が夫に内緒で金融機関を利用していて知られてしまったというケースが多くなっているようなので、主婦の方は充分気を付けるようにして下さいね。
秘密で金融機関を利用したい方は返済を遅延したり延滞してしまうと、自宅に郵送物が届いてしまう為しっかり返済日を守ることが内緒で利用出来るカギとなります。


失敗をして次へ活かす!

自分の失敗や他人の失敗談を参考にして、少しずつ上手に利用できるように改善していくことを意識してみてはどうでしょう?
初めて金融機関を利用する方は見ておいた方が良いですが、使い慣れてきた方も何があるのか分かりませんから、時々金融機関の失敗に関するサイトを検索して確認するようにしてみて下さい。
もしかしたら、何かヒントが隠されているかもしれません。

金融機関を利用して誕生日プレゼントを

自分ではなく友人や家族、恋人が誕生日の時はどんなものを贈っている方が多いのでしょうか?
日常生活の使う事が出来る消耗品をプレゼントにしている方が多いみたいですが、たまには金融機関を利用して少し贅沢な誕生日プレゼントを贈ってみると言うのはいかがでしょうか?
特に普段からお世話になっている家族や恋人のプレゼントには、何か奮発して高級なものを贈ると喜んでもらえると思います!


金融機関は使い方次第!

消費者金融の多くが1万円から借入できるようになっていますから、それを利用してプレゼント費用を調達してみませんか?
誕生日プレゼントですから少額の借入を金融機関からすれば返済も問題なくできますし、とても助かる事でしょう。
もう少し少額の借入がしたいと言う方は、1000円から借りられるアイフルがオススメですので公式サイトを確認してみて下さい。
銀行の場合も1万円から借入可能となっている場所が多いですので、利用しやすい金融機関を選んでみましょう!


費用はどのくらいにしておく?

気になる費用についてですが、家族や恋人に贈る誕生日プレゼントの場合は2万円以内と決めている方が多いようです。
もちろん、個人差があるので参考にしていただくだけで良いのですが、金融機関から借入するなら2万円くらいにしておくのがベストかもしれませんね。
あまり借りてしまうと今度は返済が大変になってしまいますよ!

特別な日の為に金融機関を利用する

皆さんは特別な日が一年に何回あるのでしょう・・・その特別な日を普通に過ごすのはとてももったいない事だと思います。
誕生日や記念日、入学式や卒業式、還暦祝いや成人式などに金融機関を利用することで、少し素敵な時間を過ごせるでしょう。
借金してまでそんなことをしなくても、なんて思っている方もいるかもしれませんが、毎回と言うわけではなくたまにはという意味です。
たまには少しお金をかけて特別な日を楽しく過ごして、思い出作りをしてみるのも良いと思いますので視野に入れてみて下さい。


金融機関を利用して親にプレゼント

今までずっとお世話になっている両親へ感謝の気持ちを面と向かって伝えるのって、とても勇気のいることだと思うのです。
そんな時に何か両親にプレゼントを贈ってあげるのも良いと思うのですが、その時にも金融機関を利用することが出来ます。
金融機関は少額借入が可能なので、奮発してレストランでの食事や小旅行をプレゼントしてあげるのも喜ばれそうですよね。
親孝行はいつしてあげられるのか分かりませんから、早めに親孝行をしておくのも良い事です!


返済計画を先に立てる

特別な日の為に借入をする時には、先に返済計画を立ててしまった方が良いかもしれません。
どのくらい金融機関から借りて返済は毎月この金額で、というように考えておけば、楽しい時間を過ごした後返済も余裕を持って行えますから、焦ることもありませんし問題なし!
また、金融機関のスタッフに相談してから決めるのも良い事ですよ。

金融機関のそれぞれの魅力に迫る

金融会社にはそれぞれ別の魅力があるのですが、皆さんはその魅力について比較したことがありますか?
消費者金融と銀行の魅力が違いますし、同じ消費者金融同士や銀行同士でも魅力は異なるものなので、最初に見比べる必要があります。
金融機関の魅力はたくさんあり、無利息期間のある場所や低金利の場所、即日審査で時間が早い場所、即日融資が出来て融資額が大きいなど、色々魅力がありますから自分に合った金融機関を選ぶようにしてみて下さいね。


金融機関は自分に合せて選ぶ

やはり何が一番大事なのかと言いますと、自分が安心して利用できる場所を見つけ出すことだと思うのです。
返済に対して不安を抱いている方は低金利である銀行を選ぶとか、とにかくスピード重視する方は消費者金融を選ぶのがおすすめです。
また、長期的な利用であれば銀行、一時的な利用であれば消費者金融というようにその目的や状況に応じて利用する金融機関を使い分けることが一番効率的なのかもしれません。


スタッフの対応にも注目!

どんなサービスを行なっているのかと言う事も重要ではありますが、スタッフの対応の仕方にも注目してみましょう。
金融機関により対応の仕方が大きく異なりますから、どんな言い回しをしてくるのかどんな口調や態度で接してくれるのか、そう言った細かい部分まで比較しておきたいですね。
自分で確認するのは大変なので、スタッフの対応については口コミサイトを参考にしてみて下さいね。

参考→プロミスからキャッシングをする前にチェック!